恥ずかしがらずに

チャットサイトを利用していると、チャットエッチ(チャエッチ)を要求してくる女性もいることに、遅かれ早かれ気づくことになります。チャエッチとは、言葉を用いて気持ち良くなる疑似エッチのことです。特にチャエッチに関心が強いのは、20代に満たない、まだ生態圏の関心の強い多感な女性に多いようです。付き合ってもいいかな、と思える人を相手に選ぶのも悪くありませんが、チャエッチはそもそも割り切ってやるものなので、その場限りで終わってしまうことがほとんどです。その後そのチャエッチで知り合ってヤった女性と実際にヤることはおろか、会うことさえないと思っていた方が賢明です。
女性がチャットでエッチな話題も盛んに行う場合、「会ってもヤれそう」と感じるかもしれませんが、実際にはそうはいきません。むしろその女性はその場限りだと感じているから、エッチな話題に盛り上がろうという心理が働いているのです。匿名性があるからこそ、エッチになれるということです。チャットで、現実にも会ってデートをしている女性もいますが、こうした女性でも、チャエッチをした男性とは会いたいとはまず思いません。チャエッチをした時点で、関係は割り切ったものとして扱われると、早い段階で心を切り替えないといけないのです。
もしも、チャットで意中の女性を見つけたとします。何度か会って会話をして、楽しい時間を過ごすこともできたとします。流れによって女性がチャエッチの誘いをしてくることがあるかもしれませんが、それに応じたら会う可能性は消えてなくなってしまうと心得ておきましょう。「チャエッチするくらいなら、実際に君と会いたいな」とうまく切り返しましょう。ただ、チャエッチを要求してくる時点で、あまり現実でのデートを望んでいないという傾向もあるので、チャエッチという言葉が出た時点で、望みが薄いと判断するのも一つです。